フラット35に関する情報が満載!

フラット35(保証型)の金利の仕組みと決まり方

フラット35(保証型)の金利の仕組みと決まり方 フラット35(保証型)では、どのようにして金利が決まるのでしょうか。
それを知るにはまず初めに金利の仕組みを理解しておく必要があります。
フラット35(保証型)は保証する住宅ローンの貸し倒れです。
利用者や投資家からお金の流れが滞った際に、機構が保証会社の役割を買って、その分を肩代わりするといった仕組みとなっています。
分かり易く解説をすると販売から資金の調達までを金融機関に任せて、機構はサポート役に徹するという事になります。
ではフラット35の金利はどのようにして決まるのでしょうか、この具体的な方法は公開されてはいませんが、国債金利と連動をして決まっていることが分かります。
何故、国債の連動をしているのかと言いますと、住宅金融支援機構は投資家に出資をしてもらった資金でお金を融資しているからです。
国が発行をしている債権が国債で、住宅金融支援機構が発行している債権がMBSになりますが、日本の国が破たんをするリスクと住宅ローンの利用者が返済できなくなるリスクでは、当然後者の方がリスクが大きくなりますので、国債よりも金利を高く設定をしなければ投資家は債券を買ってはくれません。
このような理由から国債とフラット35は連動をしているという事となります。
ですので、国債の動向をチェックしておけば住宅ローンを組む際にも役立ちます。

フラット35(保証型)の金利で知っておきたいこと

フラット35(保証型)の金利で知っておきたいこと フラット35の金利で知っておきたいことは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携の長期固定金利住宅ローンのことです。
この、フラット35には、買い取り型と保証型があって、買い取り型がフラット35といわれています。
保証型は一部の金融機関で行われていますが、サービスが異なるため、フラット35としては、提供することができるようになっているので、くわしくは問い合わせたほうがよいでしょう。
メリットは返済期間は最長35年、融資実行時の金利は返済中は変わりません。
返済額が確定する全期間固定型です。
融資の金額は100万円から最高で8000万です。
ただし、年収によって金額が制限されます。
保証料や繰り上げ返済の手数料がかかりません。
保証人を探す必要もありません。
ただ、火災保険の加入や、団体信用生命保険に加入します。
安心性能を備えた住宅を確保できます。
財形住宅融資は融資条件がサラリーマン向けとして利用されています。
狭い敷地でも大丈夫です。
敷地の面積要件はありません。
逆にデメリットは、団体信用生命保険が有料ですが、任意加入です。
民間銀行の住宅ローンは団体信用生命保険は無料で強制加入です。
利用者が支払うことはなく、しかし、金利の利息収入から捻出しているので、実際は顧客が負担していることになります。

フラット35の金利オススメリンク

フラット35の金利についてわかりやすく説明しています。

フラット35の金利情報